ホーム

ニュース

指定状況

用語事典

問題意識

特別企画

総合受付

 

 

ご意見、ご質問

どんなことでもご気軽にどうぞ。
感想メール歓迎致します。

 

パンフレット申込み

メールかまたはお電話
当事務局までお申し込みください。

当会では、指定袋に関する問題点をまとめたパンフレット「指定ごみ袋の是非を考えませんか?」を発行しています。

このパンフレットは、希望される方全員に無料で提供しています。

 

会の概要

 指定ごみ袋を考える会は「指定ごみ袋」という単一テーマを考えるという目的で、95年秋、ごみ袋を扱う専門企業11社により結成された団体です。

 プロの立場から、指定袋に関する情報を提供していき、みなさまと共に問題意識を深めていくことが出来ればと考え、ホームページを立ち上げました。

 

「指定ごみ袋を考える会」参加企業一覧

社 名

本社所在地

株式会社ケミカルジャパン

東京都中野区本町1-32-2ハーモニータワー3F

日本サニパック株式会社

東京都渋谷区幡ヶ谷1-25-5

三井化学ファブロ株式会社

東京都千代田区九段北4-2-6

ニッコー株式会社

東京都狛江市和泉本町1-11-14

武蔵野樹脂株式会社

東京都渋谷区笹塚1-9-10

株式会社セイケツネットワーク

大阪府松原市阿保2丁目300

オルディ株式会社

東大阪市北区西天満6-1-2

プラテック株式会社

福岡県福岡市博多区金の隈3-6-22

 メンバーはいずれも業界内の主要メーカーです。販売の一線では競合同士ですが、こと指定袋に関しては「昨今の流れに任せておいて本当にいいのだろうか?」という疑問がみんなの頭の中で共通しており、何か活動をしなければという危機感に動かされる形で会は発足しました。
いわば「指定袋制度に対する疑問」という一点で結ばれたシングル・イシュー・ムーブメントの団体です。

 

ごみ袋を扱うプロの立場からお願いします

― 基 本 原 則 ―

ポリエチレンの袋に炭酸カルシウムを混入するのは明らかに無意味です。したがって、なるべく早くやめることをお勧めします。

 

単に袋を透明化することが目的なのであれば、わざわざ袋に印刷を入れて統一する必要はないのではないでしょうか。

指定袋の取り扱いが一部の者に固定されるような、利権ビジネス的なしくみがごみ袋に適用されるのは不適切です。すでに実施のところは見直しを計るべきです。

有料化はシール方式でも十分実施可能です。周囲への影響が大きい袋方式には慎重であっていただきたいものです。

 

 


なお、会の趣旨に関するもっと詳しい内容をお知りになりたい場合は「指定ごみ袋を考える会設立趣意書」をご覧ください。

 



◆「指定ごみ袋を考える会」会合議事録◆

第 1 回

第 2 回

第 3 回

第 4 回

第 5 回

第 6 回

第 7 回

第 8 回

第 9 回

第10 回

第11 回

第12 回

第13 回

第14 回

 
※会合は継続中ですが、第15回以降の議事録作成は都合により休止しております。


 

〔会長〕

株式会社ケミカルジャパン代表取締役社長・武田一弘

 

〔問い合わせ/事務局〕

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-25-5
          日本サニパック株式会社内 
TEL.03-3469-4600 FAX.03-3465-3497
お問い合わせ送信フォーム    

指定ごみ袋を考える会事務局 担当:小塩勝男(こしお)

   


ホーム | ニュース | 指定状況 | 用語事典 | 問題意識 | 特別企画 | 総合受付

ごみ袋ニュース